TOP >  浴衣の着付けは簡単

浴衣の着付けは簡単

浴衣は着物よりも着付けが簡単で、着物のような着心地を楽しめるので大変人気があります。 ゆかたの良さは清潔感にあります。浴衣に袖を通した時の感触は洋服にはないものです。 簡単に着付けができる浴衣はあくまで部屋着、日常着として着るものですから、ゆったりと↓気持で布をまとうという自然な感覚がいいのです。 こうした少し力のぬけた感覚が浴衣独特の風をもまとうような清涼感を生みだします。 縫い目が真っ直ぐになっている着こなしが先ず大切です。 浴衣が広く庶民に広まったのは江戸時代といいます。

浴衣の着付けは着物よりも簡単です最新記事

浴衣の着付けに粋な着方があります

浴衣の着付けに粋な着方があります。浴衣の着付けは簡単なだけに、億の深いところがあるのです。その浴衣を、同じ着るなら、粋に着てみようと言う訳です。

粋とは、言ってみれば少し気だるい上品さともいうのでしょうか。
かと言って品をなくすような着方はだらしなく見えてしまいますので、この辺りの着付け方が少し難しいところです。
浴衣の着付けは普通の着物より短めに着て、足首がすっきり見える所がポイントなのです。又、ゆかたの「粋さ」を表現できる部分でもあるのす。


肩のあたりは、すこしゆったりめに布をあて、まとうような空気感があるといいようですね。全体的な形としては、逆三角形になるようにするのがおすすめの浴衣の着付け方です。
逆に腰から足にかけてはきちんと布をあて、上から下へとすぼむような形を意識するときれいな逆三角になります。

ただ、浴衣の着付けで大切なことは粋に着ようと頑張ることではありません。
着る人の体にゆかたをそわせていこうという心の優しさのある着つけこそが、自然に風情の出る着こなしとなるのです。

また、ゆかたは素肌に着るので、足はもちろん素足でなければなりません。

浴衣の着付けを美しく

浴衣の着付けが特に美しく、着こなしに色気をも感じるのは首筋です。
浴衣を着る場合に、ゆかたの衿を合わせたら、首を上下左右に動かしてみましょう。
こうしてアゴがどこにも衿に当たらなければ、首筋に色気のある着こなしが出来るというわけです。
そして胸元もゆったりと着てみてください。少々のシワや、タルミができても気にしないことです。
ゆかたを着たら、あくまでも空気がゆらぐような振舞いで演出するとよいでしょう。
ただし浴衣を着たら、裾だけはきっちりと合わせるのがポイントです。これを忘れないことです。
ゆかたは素肌に着るものですから、肌襦袢や下着といったものは一切着けません。
そのため素肌の上から着た時、ちょっと頼りなく「自分が裸である」という不安感があります。
この不安感が手を動かしたりする動作に、例えば足を運んだりするときに自然に美しい仕草となって現れるわけです。
浴衣を着る注意点は、衿合わせをつめ、深くあわせる。そして体に合せてきちんと補正をすることが大切です。

浴衣の着付けは簡単なだけに、こういった基本を忘れては美しい着こなしはできませんね。

浴衣の着付けは簡単項目一覧

浴衣の着付けに粋な着方があります

浴衣の着付けに粋な着方があります。浴衣の着付けは簡単なだけに、億の深いところがあるのです。その浴衣を、同じ着るなら、粋に着てみようと言う訳です。 粋とは、言ってみれば少し気だるい上品さともいうのでしょ...

浴衣の着付けを美しく

浴衣の着付けが特に美しく、着こなしに色気をも感じるのは首筋です。 浴衣を着る場合に、ゆかたの衿を合わせたら、首を上下左右に動かしてみましょう。 こうしてアゴがどこにも衿に当たらなければ、首筋に色気のあ...
高速バス検索