TOP >  浴衣の着付けは簡単

浴衣の着付けを美しく

浴衣の着付けが特に美しく、着こなしに色気をも感じるのは首筋です。
浴衣を着る場合に、ゆかたの衿を合わせたら、首を上下左右に動かしてみましょう。
こうしてアゴがどこにも衿に当たらなければ、首筋に色気のある着こなしが出来るというわけです。
そして胸元もゆったりと着てみてください。少々のシワや、タルミができても気にしないことです。
ゆかたを着たら、あくまでも空気がゆらぐような振舞いで演出するとよいでしょう。
ただし浴衣を着たら、裾だけはきっちりと合わせるのがポイントです。これを忘れないことです。
ゆかたは素肌に着るものですから、肌襦袢や下着といったものは一切着けません。
そのため素肌の上から着た時、ちょっと頼りなく「自分が裸である」という不安感があります。
この不安感が手を動かしたりする動作に、例えば足を運んだりするときに自然に美しい仕草となって現れるわけです。
浴衣を着る注意点は、衿合わせをつめ、深くあわせる。そして体に合せてきちんと補正をすることが大切です。

浴衣の着付けは簡単なだけに、こういった基本を忘れては美しい着こなしはできませんね。

関連エントリー

浴衣の着付けに粋な着方があります   浴衣の着付けを美しく   高級鹿の子染綿絽浴衣が75%OFFセール!早割・特割【早割セール】高級鹿の子染絽浴衣【鹿の子染・綿絽浴衣】【透け感あり】【ブラック・ピンク系】   高級鹿の子染綿絽浴衣が75%OFFセール!早割・特割【早割セール】高級鹿の子染絽浴衣【鹿の子染・綿絽浴衣】【透け感あり】【ブラック・ブルー系】   京友禅鹿の子染浴衣が75%OFFセール!早割・特割【早割セール】高級京友禅鹿の子染浴衣【綿絽浴衣】【黒・青】